美白成分アルブチンと、ハイドロキノンの違い
シミ・そばかすに良い成分と言えば、アルブチンとハイドロキノンがあります。
お肌の漂白剤なんて呼ばれるくらい、その効果は抜群です!

アルブチンとハイドロキノン。
違いを簡単に言うと、アルブチンはこれからできるシミやそばかすの予防です。
ハイドロキノンは、できてしまったシミやそばかすを薄くする働きがあります。
詳しく見ていきましょう。


◇アルブチンの効果

アルブチンとは、ハイドロキノンとブドウ糖が結合したもので、シミやソバカスなどのもととなるメラニン色素が、活性化する時の酵素チロナーゼを抑制する働きがあります。

これからできようとするシミや色素沈着を防ごうとしてくれるのがアルブチンです。
そんなアルブチンには、αアルブチンとβアルブチンがあります。

αアルブチンは、サンタベリーやコケモモ、梨に含まれており、βアルブチンは、ウワウルシに含まれています。
αアルブチンはβアルブチンに比べ10倍以上の美白効果が期待できると言われています。

アルブチンには天然のものと合成のものがあり、合成のものは美白効果が高いですが、体質によっては副作用も出る可能性がありますので、必ず確認してから使用した方がよいでしょう。

◇ハイドロキノン

ハイドロキノンは、もともとは写真の現像などの還元剤、染料やゴムの酸化防止剤として昔から世界で使用されて成分で、写真の現像をしている人の手が白くなっていたことから美白効果があると発見されました。

これからできるシミ対策にアルブチンが有効なのに加え、ハイドロキノンは、メラノサイトに直接働きかけ、メラニン色素の生成を抑制してくれる働きがあります。
凄いことに、既にできてしまったシミや色素沈着に着目し、美白に導いてくれるのです。

ハイドロキノンは、肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着(レーザー治療など)、老人性色素斑のようなメラニン色素が異常増殖・色素沈着しているシミには有効とされていますが、すべてのシミや色素沈着に効くわけではありません。

 
両方の成分とも、素晴らしい成分なので
特徴を理解して、上手に付き合っていきましょう!